ボレイニャン 2017年 フランス ボルドー マルゴー 赤ワイン フルボディ 750ml

ボルドー五指に入る名門カステジャ家が手掛ける手の届く「マルゴー」!!

ワイン名(原語)ボレニャン (BOREIGNANT)
生産者名(原語)ボリ・マヌ(BORIE=MANOUX)
原産国・地域フランス・ボルドー
原産地呼称(AOC)マルゴー
ヴィンテージ2017年
ぶどう品種
(栽培比率)
カベルネ・ソーヴィニョン76% メルロ24%
タイプ赤ワイン
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下
商品管理番号 2101020015420
生産地 フランス・ボルドー
サイズ 750ml
素材 【FR】【BO】【MRG】【T-RE】【T-FL】【T-TN】【S-CS】【S-ME】【V-201】
生産者 ボリ・マヌ(BORIE=MANOUX)
ぶどう品種 カベルネ・ソーヴィニョン76% メルロ24%
タイプ 赤ワイン
内訳
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
基本送料

単品

品番
2101020015420
JAN
2101020015420
参考上代
6,000円
配送サイズ・ワイン
1本分換算(12本で送料無料)
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください
基本送料

ケース(12本)

品番
CASE2101020015420
JAN
2101020015420
参考上代
6,000円
配送サイズ・ワイン
12本分換算(12本で送料無料)
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください

ボレニャン / AOCマルゴー
Boreignant / A.O.C. Margaux

ボルドー五指に入る名門カステジャ家が手掛ける手の届く「マルゴー」!!

ボレニャン

「ボルドーで最も優美、女性的な味わい」と評される憧れのAOCマルゴーの掘り出し物!

ボルドー名門カステジャ家から届いた掘り出し物!

一級格付け「シャトー・マルゴー」や、漫画神の雫で第二の使徒に選ばれた「シャトー・パルメ」を擁し、その優れたテロワールから、ボルドー最高峰のワインを生み出すマルゴー村。

このマルゴーAOCを名乗るためには、単に産地がマルゴーAOCであれば良い、というわけではありません。産地や製法を守り、最後には厳しい品質審査を経て認められたものだけが、ラベルに「MARGAUX」の文字を刻むことが許されます。

今回のワインを手掛けるのは、ボルドーでも五指に入るネゴシアン、ボリ=マヌ社を統括する名門カステジャ家。
シャトー・バタイエとシャトー・ランシュ・ムーサも所有し現当主の父フィリップ・カステジャ氏は、ボルドーの格付けシャトーを含む135の生産者協会「ユニオン・デ・グラン・クリュ」の会長も務めました。

このカステジャ家の幅広い人脈を通して、マルゴー村から厳選されたカベルネ・ソーヴィニョンとメルロをアッサンブラージュし、造られたのがこのワインです。

今回、カステジャ家の尽力により、通常では入手できないような価格で、高品質なブドウを確保し、作られたワイン。残念ながらブドウを提供したシャトーの名前は公表しない約束をしている、とのことで、 その詳細を明かすことはできませんが、AOCマルゴーに認定された確かなブドウのみ使用した正真正銘のマルゴーです。

マルゴー村の特徴を持ちながら、日本の私たちの味覚にも合うアッサンブラージュのものを厳選いたしました。

広大なボルドーの中でもトップクラスに位置する、憧れのマルゴーが名門カステジャ家とワインショップソムリエの共同プロジェクトにより、手の届く価格で登場!ぜひお試しください!

ボルドー好きの憧れ「AOCマルゴー」とは

メドックの最も南、ジロンド河の上流に位置するのがマルゴー村です。
このマルゴー村および4つのその周辺の村(カナトック、スーサン、アルザック、ラバルト)がこの村名AOC<Margaux>を名乗ることができます。

第1級のシャトー・マルゴーを筆頭に、第2級が5つ、3級が10、4級が3つ、5級が2つ、合計21の格付けシャトーを擁し、オー・メドック中でも格付けシャトーが最も多いアペラシオンです。

ボルドー左岸で評価の高い村は、必ずこのジロンド河に沿って並んでいますが、それははるか昔、このジロンド河が運んできた砂利や砂が堆積した土壌がブドウ栽培に適しているからです。

河の流れに対して上流か、下流か、という点でも味わいのキャラクターは大きく異なります。
上流から運ばれてきた砂利質土壌、石灰質や粘土質、砂質・・・様々な土壌が入り混じる比率が変わることで、たとえ同じブドウを使っても、村ごとに味わいが異なります。

ワインを選ぶ上ではとても複雑ですが、それがボルドーの奥深さの魅力でもあるのです。

AOCマルゴーの特徴は、その厚い砂利の層です。
これは、同様にポイヤックやサン・ジュリアンにも言えることですが、川を流れる様々なもの、砂利、粘土、砂・・・それらの中でも、比較的重い砂利は上流の方に堆積します。

深い砂利質の中、葡萄は深く根を下ろすことになります。その深い根が地中のミネラルを吸い上げ、優美で,柔らかくふくらみがあり、芳香が精妙で、メドックの中で、最も女性的と言われているワインを生み出します。成長力著しいカベルネ・ソーヴィニョンは、このように痩せた、水はけのよい土壌でこそ真価を発揮します。

また一方で、砂利質土壌の割合が極めて高いポイヤックやサン・ジュリアンと比べると、マルゴーには砂利と砂が混じった土壌や、石灰岩や粘土の土壌もあり、そこにはメルローが多く植えられています。

全体的にカベルネ・ソーヴィニヨン主体ではあるものの、格付けシャトーがある付近の村(ポイヤック、サン・ジュリアン)に比べるとメルローの比率が高く、滑らかで上品な要素が強まります。

ポイヤックは男性的と言われ、マルゴーは女性的と表現されますが、その理由は土壌と、それに適したブドウ栽培にも起因しているのです。

このような特徴から、AOCマルゴーは繊細で華やかな香りはオー・メドック随一と言われ、
「力強さはありながらも女性的、優美なワイン」と言われています。

テイスティングコメント
ボレニャン / AOCマルゴー

濃いガーネットの色調。チェリー、ラズベリー、カシス、ブラックベリー、プラムなど赤から黒系ベリーの香り、続くようにほんのり甘いバニラの香り、香ばしい樽の香り。口に含むと、まず凝縮した果実味を感じる。酸味は程よくしなやか、タンニンは豊かでしっかりと感じる。
凝縮感のある味わいですが、全体的にしなやかで味わい深く、マルゴーらしい特徴が出ている。
開栓後時間とともに、果実の甘み、黒系ベリーの味わいが広がりを見せる。
余韻は長く、瑞々しい果実の香りに加え、土っぽさや腐葉土のような香りが加わり、徐々に複雑実が増してくる。