バルベーラ・ダスティ DOCG ウンベルト・フィオーレ 2014年 イタリア ピエモンテ 赤ワイン フルボディ 750ml

バローロ生産者が放つお値打ち赤!

ワイン名
(原語)
バルベーラ・ダスティ DOCG(BARBERA D'ASTI DOCG)
生産者名(原語)ウンベルト・フィオーレ(UMBERTO FIORE)
(マンフレディ・カンティーネ MANFREDI CANTINE)
原産国・地域イタリア・ピエモンテ州
原産地呼称
(AOC)
バルベーラ・ダスティ DOCG
ヴィンテージ2014
ぶどう品種
(栽培面積比)
バルベーラ100%
タイプ赤ワイン
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下
生産者情報
商品管理番号 2101120002849
生産地 イタリア ピエモンテ
サイズ 750ml
素材 【IT】【NRD】【PMT】【T-RE】【T-SEC】【T-MD】【T-FTY】【V-201】【DOCG】
生産者 ウンベルト・フィオーレ(UMBERTO FIORE) (マンフレディ・カンティーネ MANFREDI CANTINE)
ぶどう品種 バルベーラ100%
タイプ 赤ワイン
内訳
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
基本送料

単品

品番
2101120002849
JAN
2101120002849
参考上代
1,600円
配送サイズ・ワイン
1本分換算(12本で送料無料)
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください
基本送料

ケース(12本)

品番
CASE2101120002849
JAN
2101120002849
参考上代
1,600円
配送サイズ・ワイン
12本分換算(12本で送料無料)
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください

バルベーラ・ダスティ DOCG ウンベルト・フィオーレ 2014年
イタリア ピエモンテ 赤ワイン 辛口 750ml

イタリア最上赤ワイン産地「ピエモンテ」より2008年に最上級格付けDOCGへ昇格、注目の赤ワイン!
バローロ生産者が放つお値打ち赤!バルベーラ・ダスティ DOCG BARBERA D'ASTI DOCG
北イタリア伝統ブドウを使った、地元で愛され、飲み継がれてきた「バルベーラ」

バローロだけじゃない、高級産地ピエモンテの美味なるDOCG

イメージ画像

イタリア北部、ピエモンテ州といえば、イタリアが誇る銘酒「バローロ」、「バルバレスコ」を生む、最上の赤ワイン生産地の一つです。
人気の高級ワインを造るピエモンテの人々が、普段飲みとして昔から親しんできたワインが、このバルベーラ種を使った赤ワインです。

常に普段の食事に寄り添うワインとして、果実味と酸味のバランスがよく、するするとグラスが進んでしまう味わい。気づいたら2杯、3杯と飲んでいる、そんな魅力を持った、普段着のワインなのです。

広範囲で作られていますが、限られたエリアの上質なブドウで作るものは、DOCGという原産地呼称付きの上級ワインとして認められています。

北イタリアの人気ブドウ「バルベーラ」

イメージ画像

ピエモンテの赤ワインの約半分は、この「バルベーラ種」で造られていると言われるほど、古くから北イタリアの人々に愛されてきぶどう品種です。
バルベーラ種の起源はモンフェラートに始まる品種と言われていますが、古い資料が残っていいない為、詳細は判明していません。

バルベーラの産地の中でも、アスティからアレッサンドリア県に掛けての地域で収穫されたブドウを使い、一定の条件を満たしたワインが、2008年、DOCGに昇格した「バルベーラ・ダスティ」です。

生き生きとしたフルーティーさが特徴で、すぐに飲めるのはもちろんですが、徐々に熟成させるために作る生産者も出てきています。





歴史

マンフレディ家の歴史

people

マンフレディ家のワイン造りの歴史は、1930年に始まりました。
初代のジュゼッぺは、美しいランゲの丘の周囲にあるブドウ畑と醸造所を購入し、ワイン造りを始めました。作ったワインを馬車に積み、行商していました。息子アルドは、16歳になると父親の傍らでその仕事をずっと手伝い始めました。当時子供だったアルドはとても朗らかで顧客からも好かれました。

その当時アルドの顧客だった人々は、世代交代はあっても、いまだにずっとマンフレディの顧客として、友情とも言える良い関係が続いています。

1980年代になると、ジャンフランカとルイージ、アルドの妻と兄がワイナリーのメンバーに加わりました。
イタリア国外の顧客との結びつきも徐々に強くなり、ヨーロッパをはじめ、アメリカやアジア各国まで彼のワインは届けられるようになりました。
今では、二人の娘、ルイーザとパオラもワイナリーに加わり、家族総出でワイン造りに励んでいます。これからも家族経営のこのスタイルを続けていくことが、当主アルドの強い願いです。

歴史



カンティーナ・マンフレディのブドウ畑

「ブドウ畑をより良い状態で後世に受け渡すこと」家族経営のマンフレディにとって、自社ブドウ畑の環境を守ることは、最も大切なことといえます。アルドは、子供のころからブドウ畑で働いていましたが、かつて先輩たちから教わった方法、薬品などを使わず、自然の法則に合わせた畑仕事を頑なに守り続けています。もちろん、時代は変わり、電気が必要なこともあります。それでもできる限り二酸化炭素の量を抑えるべきと考え、太陽光発電に切り替えました。
今では、二人の娘、ルイーザとパオラもワイナリーに加わり、家族総出でワイン造りに励んでいます。これからも家族経営のこのスタイルを続けていくことが、当主アルドの強い願いです。

hatake



テイスティングコメント

バルベーラ・ダスティ DOCG

明るく、照りのあるガーネットの色調。
ブラックチェリー、ラズベリー、煮詰めたリンゴ、白コショウやプルーンのアロマ。
余韻に仄かに明るい色の葉巻タバコ。

バルベーラ種は時に酸味が強いものが多くみられますが、このワインは甘味と酸味が綺麗なバランスで作られており、適度な渋みもあって、飲みごたえも感じさせてくれる使い勝手のよいワインです。
肉料理全般はもちろん、少し冷やして、前菜のような軽い食事とも合わせて美味しく飲めます。