クロ・デ・ファ ヴィニャ・マーティ 2011年 チリ マイポ・ヴァレー 赤ワイン フルボディ 750ml

お1人様1本限り 『神の雫』に登場!ムートン醸造家の最上級キュヴェ!

原産国・地域チリ・マイポヴァレー
生産者ヴィニャ マーティ
ヴィンテージ2011年
ぶどう品種(栽培比率)カベルネ・ソーヴィニョン、
メルロ、シラー 
タイプ赤ワイン
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下
特徴: ムートン、オーパス・ワン、そしてアルマヴィーヴァを造ってきた
醸造家、パスカル・マーティ氏が立ち上げたワイナリー。
カベルネソーヴィニョン50%、メルロ37%、シラー13%をアッサンブラージュ。ボルドーのSylbain社製のフレンチオーク樽で熟成され、さらにボトルで安定するまでセラーで熟成されます。
商品管理番号 2101340001288
生産地 チリ マイポヴァレー
サイズ 750ml
素材 【T-RE】【T-SEC】【T-FL】【T-TN】【MED】【KAMI】【WMZ】【VTQ】【KAMI100】【PAPT】【C-RSV】【E-5CT】【OP】【E-MTN】【S-CS】【S-ME】【V-201】
生産者 ヴィニャ・マーティ
ぶどう品種 カベルネソーヴィニョン50%、メルロ37%、シラー13%
タイプ 赤ワイン
内訳
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
基本送料

単品

品番
2101340001288
JAN
2101340001288
参考上代
18,330円
配送サイズ・ワイン
1本分換算(12本で送料無料)
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください
基本送料

ケース(12本)

品番
CASE2101340001288
JAN
2101340001288
参考上代
18,330円
配送サイズ・ワイン
12本分換算(12本で送料無料)
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください
※こちらの商品は人気商品のため、ただいま完売となります。
 次回入荷は9月ごろを予定しています。
 販売再開まで今しばらくお待ちください。

Clos de Fa
クロ・デ・ファ

類稀なテロワールと五大シャトーの哲学の融合!唯一無二の個性を持つ最上級キュヴェ
クロ・デ・ファ

五大シャトームートン、オーパス・ワン、アルマヴィーヴァに次ぐパスカル・マーティ第4作目のプレミアムワイン

第四作目のプレミアムワインに
相応しい土地との出会い

ヴィニャ・マーティの畑の中でも、最も素晴らしいテロワールを持つ、アルト・マイポのDOピルケにある、「クロ・デ・ファ」から生まれます。
パスカル・マーティ氏は、アルマヴィーヴァ造りの中でこの土壌を知りました。当時、ここはブドウ畑ではありませんでした。しかし、ボルドーのポイヤックのような、砂利質の水はけのよい土壌と地下に堆積する粘土層、さらに高い標高で、赤ブドウの栽培に向いているマイポヴァレーの中でも、さらに晩熟になることが予想できました。

ぶどうの樹1本から、1本分のワインも作れないほどの厳しい収量制限
1999年、実験の意味も込めて、個人的プロジェクトとしてこの土地にブドウを植えました。6250本/haという密植度が高い状態で、この土地のポテンシャルを測りたいと考えたのです。収穫量はブドウの樹1本あたり1kg以下に必ず抑えます。数年後、ここから収穫されたブドウで試しにワインにしてみたところ、非常に高い品質のものができました。パスカル・マーティ氏は、ここでアルマヴィーヴァに次ぐ自身第四作目のプレミアムワインを造ることを決め、本格的に取り組み始めたのでした。
パスカル・マーティ氏が常に愛情を注ぐこの畑の面積はわずか2ヘクタール。1つのブドウの樹に付ける果実は1キロにも満たず、ブドウの樹1本から1本分のワインを作ることができない、厳しい収量制限を課します。収穫した果実は、マーティ氏自身が、昔ながらの小型の醸造設備を使いながら全工程を手掛けます。スモールバッチであるが故に、すべての作業は手作業に限りなく近くなり、そのおかげでマーティ氏は感覚を研ぎ澄ませながら、ワインのクオリティに100%集中してハンドクラフト的なこのワインを磨き上げてゆくのです。
幻のワイン「ロマネ・コンティ」を超える稀少性
熟成を経たワインの中から選別を重ねて選ばれた原酒をアッサンブラージュ(ブレンド)し、さらに数年の熟成を経て、マーティ氏自身のテイスティングをクリアしたボトルだけが、晴れて「クロ・デ・ファ」としてボトリングされます。さらに少なくとも2年間、ボトル熟成を経て初めてこのワインがリリースされ、世界中へ出荷されてゆきます。
この手間を惜しまず作られる作品は、当然ながら生産量は非常に少なく、ファーストヴィンテージである2007年度は、わずかに1800本でした。その後も量は増えたものの、現在の年間生産量は3000本前後です。五大シャトーのムートン・ロートシルトや、入手が徐々に難しくなっているオーパス・ワンは30万本以上生産しています。ワイン業界で幻と言われる、あのロマネ・コンティでさえ6000本。クロ・デ・ファの3000本前後という数量は、全世界に対し出荷してゆくにはあまりにも少ない生産量です。
わずか2ヘクタールの畑では、大幅に増産することも叶いませんが、元よりマーティ氏にその考えはありませんでした。これまでマーティ氏が手掛けてきたシャトー・ムートン・ロートシルト、オーパス・ワン、アルマヴィーヴァとは異なり、自分が理想とする味わいをデザインし、自らの手で作るワイン。完璧にコントロールするためには、これ以上の数量にすべきではない、と感じているからです。
テロワールについて
チリで最も成功した、高品質な赤ワインを生む場所、マイポ・ヴァレー。首都サンティアゴに近く、温暖な気候で岩石の多い土地が広がり、上質な赤ワイン、特にカベルネ・ソーヴィニョンが生み出されます。その中でも、岩石の堆積した独特の土壌を持つ、「アルト・マイポ」は、プレミアムワイン産地として非常に有名です。標高が高いため、このエリアのミクロクリマは非常に複雑です。陽が落ちるとアンデス山脈から吹き下ろす冷風が、畑の気温を一気に押し下げます。この昼夜の寒暖差のおかげで、ブドウの個性が際立ち、香と酸を与え、エレガントなワインを造る上で大きな恩恵をもたらします。
 この「アルト・マイポ」に存在する、赤ワイン最上のテロワールの一つがDOピルケ(PIRQUE)です。ヴィニャ・マーティでは2ヘクタールの畑を所有します。このDOは、マイポの中でもさらに限定されたエリアを示すDOです。広域のマイポ・ヴァレーの中にアルト・マイポがあり、その中で特別な区画がDOピルケの認定を受けます。ボルドーで例えば、広域のボルドーの中にメドックがあり、さらに限定されたポイヤックがあるのと同じ形になります。
マルゴーとポイヤックを合わせたような土壌
DOピルケの土壌を一言であらわせば「マルゴーとポイヤックを合わせたような土壌」。粘土質の土壌、上部にはところどころ深く、砂利質の水はけの良い土壌が広がります。砂利質が深く水はけが良い場所にはカベルネ・ソーヴィニョン、粘土質の部分にメルロ、そして大きな石が転がる(ちょうどローヌを彷彿させるような)水はけのよい場所にはシラー種を植えました。パスカル・マーティ氏は、何よりもこのピルケという場所のポテンシャル、テロワールを信じています。
「チリにはテロワール、ヴィンテージの個性は存在しない、と言う人もいる。多くのワインは、確かに毎年美味しく、安定している。ボルドーのように、当たり年だから飲みたい、という声もあまり聞かない。しかし、それは一つのワインを、広大な畑で大量に作ることで、標準化されているのが原因だと思う。個性がぼやけて、平均化されてしまうからだ。ある特徴的な土壌があって、その土地から収穫されたブドウだけでワインを造れば、テロワールはもちろん、ボルドーのようにヴィンテージの個性がしっかり感じられる。例えばクロ・デ・ファのあるピルケは、小区画でチリでは標高がもっとも高い。昼夜の寒暖差が激しく、霧がよく発生する。表土は水はけが良い石灰質、地中は粘土質という土壌だ。この土地から生まれるワインの味わいのベースは変わらない。そして、その味に加えて、その年の気候によってワインの味わいは毎年変わる」。

ぶどう品種の選定
アッサンブラージュはカベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、そしてシラー。カベルネ・ソーヴィニョンでワインの骨格を作り、メルロでワインにふくよかなボディを与え、シラーをスパイスに効かせることで、キャラクターを与える、というのがもともとの設計でした。全てのワインは自根栽培されており、ピルケのテロワールと、ブドウ品種の特徴をストレートに反映します。マーティ氏のワイン造りのもと、ピルケという素晴らしいテロワールが化学反応を起こし、出来上がったのが「クロ・デ・ファ」という唯一無二の個性を持つ赤ワインなのです。
チリで有名なブドウ品種「カルメネール」は、このクロ・デ・ファの標高では作ることができません。代わりに、チリではやや難しいメルロが花開きました。収穫期が遅いカベルネは、雪が降る直前、6月の収穫ですが、ブドウの果実が樹についている期間が長いおかげで、果実には深い味わい、香りが蓄積され、高い品質になります。基本的な考え方は、ボルドースタイルのグラン・ヴァンを造るときと同じですが、唯一、異質なのが「シラー」の存在です。マーティ氏は、ボルドーAOCのルールの枠を超えて、自分のイメージを具現化することもチリを選んだ理由の一つです。


テイスティングコメント訳:
2010年のクロ・デ・ファは、マイポヴァレーにあるたった2ヘクタールの畑の中でも最高のメルロ、カベルネ・ソーヴィニョン、そしてシラーから造られる。単一品種から造るワインよりも繊細なニュアンスを表現しているが、香りはカベルネ・ソーヴィニョンが支配的、レザー、スパイス、ヒマラヤ杉、赤や黒、青の様々な小さなベリー類果実、奥深くに乳酸も感じる。口に含むと繊細なミディアムボディの口当たり、重厚なタンニンがシルクのような質感を伴い心地よく、クリーンだが、ピリリと口を刺激するような強い風味が口の中に長い余韻を残す。複数品種をブレンドする意味、単一品種で作るワイン以上の複雑性を見出すことができる。
今飲んでもすばらしい状態だが、この強い骨格が時間と共に熟成すれば、さらに充実させることができるだろう。飲み頃は2014-2021年。

神の雫掲載

神の雫掲載

ヴィニャマーティ

ヴィニャマーティ全商品

オーナーであり、醸造家でもあるパスカル・マーティ氏のヴィジョンは、彼の過去の経験、ノウハウの集大成となるワイン、情熱の全てを傾けて自らの思い描くワインを造る事でした。

マーティさん
五大シャトー「ムートン」、カリフォルニアの「オーパス・ワン」、チリを代表するプレミアムワインの「アルマヴィーヴァ」

五大シャトー「ムートン」、カリフォルニアの「オーパス・ワン」の後に、チリを代表するプレミアムワインの「アルマヴィーヴァ」を手掛けた時、彼はチリの類まれなテロワールを知りました。しかし、現状の大規模生産では、そのポテンシャルを引き出すだけのワイン造りが出来ない事にも気づいていました。彼の胸の内には、自身のワイナリーを造りたいという思いが芽生えたのもこの頃です。
 2003年、アルマヴィーヴァでの自身の役割を果たした、との思いから、彼は自身のワイナリー設立に向け、動き始めます。コンサルタントとして世界中を回りつつ、ワイナリー設立準備を進めました。

「あのムートン、オーパス・ワン、アルマヴィーヴァを手掛けたパスカル・マーティ氏が新ブランドを立ち上げる」

 噂を耳にし、ワイン業界内外で彼の夢に共感した人が続出しました。例えば「ロード・オブ・ザ・リング」で有名な映画会社ニューライン・シネマ(現ワーナーグループ)のマイケル・リン氏や、元バロン・フィリップ・ロッチルド社の社長で、現在アメリカで輸入会社を経営するオリヴィエ・ルブレ氏もバックアップを申し出ました。

多くの人々の夢も乗せて、2008年、満を持してマーティ氏自らのワイナリー「ディオニソス・ワインズ」を設立。2013年、ヴィニャ・マーティと自身の名を冠したワイナリーへと変更、生涯をかけたプロジェクトとしての意気込みを表現するに至ります。

ヴィニャマーティのろごについて

“ワインは、洋服のように飲む人の気分や目的で選ぶことを愉しむことができる。だから、いろいろなシーンに合わせてワインを造ったんだ。”マーティ氏はこのように自身のブランドを語ります。

ヴィニャ・マーティのワインは、栽培から醸造まで一貫してパスカル・マーティ氏が直接手掛けています。全てのワインに、彼の経験と技術、そして深い愛情が注がれています。 今まで世界に名を馳せたプレミアムワインばかり手掛けてきたマーティ氏は、今、上質なデイリーワインを造ることにも等しく面白さを見出しているのです。
マーティさん
世界最高峰を造りだした醸造家が、新たな視点で造るワイン、それがヴィニャ・マーティの提案するワインです。  そのラインナップは幅広く、カサ・デル・セロ・レゼルヴァ、ラヴ、イライア、ピルカ、コラソン・デル・インディオ、カラク、セール、クロ・デ・ファと現在8シリーズのワインを造っています。


商品ラインナップ

カサ・デル・セロとは、直訳すれば「山に佇む小屋」ですが、 ここではマーティ氏の自宅兼醸造所を指します。 チリ最高峰のワインの一つ「クロ・デ・ファ」を生む畑が広がり、 目の前にはコラソン・デル・インディオと呼ばれる大岩を抱いた アンデス山脈がそびえる名勝地。 そこに建つパスカル・マーティ氏の住処が、ラベルに描かれています。
ヴィニャ・マーティの入り口となるこのレンジに 自身の自宅兼醸造所をあしらったのは、 「多くの人に飲まれる最も低い価格のワインのクオリティこそが、 ワイン造りで最も難しいが、最も大切である」という考えによるもの。 その自負あっての選択です。

一際目を引くシンプルなラベル、この「LOVE」シリーズは、 ヴィニャ・マーティの中で最も親しみやすい アッサンブラージュ(ブレンド)ワインです。
ムートン、オーパス・ワン、アルマヴィーヴァ。 世界最高峰のワインを手掛けるプレッシャーから離れ、 自由にワイン造りができるようになった時、彼はまず 自分のワインをもっと多くの人たちに飲んでほしいと考えました。 LOVE という世界で普遍的な名前をあしらったこのワインで、 日々の暮らしの中のワンシーンに花を添えてほしい、 喜びを味わってほしい、 そんな願いから生まれたのがこのワインでした。

新世界の土地で育ったブドウと、旧世界の伝統的醸造法のハイブリッド。
夜は凍るほど寒く、昼は砂漠のように暑い。 乾燥していて、作物は育たない。 世界で最も南の地、ILAIA へ、ようこそ。

堅牢なボディと、品種の個性を捉えた芳醇な味わい。 品質を追い求めた伝統製法が生み出す ハンドクラフトワイン。
ピルカシリーズのコンセプトは、この境界つまり、 テロワールを際立たせ、その土壌・ブドウ品種の個性を引き出す伝統的ワイン造りを 行うことです。フランスではフィロキセラ禍により、ほぼ途絶えてしまった自根の ブドウが、チリにはまだ存在します。パスカル・マーティ氏のフランス式伝統製法と、 チリの優れたテロワールを結びつけたピルカは、まさにハンドクラフト的な ワインと言えます。個々の畑、ブドウ、年によってもその状態に合わせて 最適な醸造方法をとることでワインには、そのテロワールの個性が 生き生きと反映されます。伝統的な手作業のおかげで、オートメーションでは 得られない、複雑さ、凝縮味を感じることができるでしょう。

雄大なアンデスの伝承に捧げる ボルドー伝統のアッサンブラージュが生み出す。
コラゾン・デル・インディオは、プレミアム・ブレンデッド・ワインに 位置付けられる上位キュヴェです。 ヴィニャ・マーティのセラーからアンデス山脈を見上げると、 その稜線は、ちょうど人が仰向けに寝たようなシルエットを描きます。 頭、額、鼻、あご・・・そしてちょうど胸元の付近に、 ハート型の大岩が見えます。 この岩は、夕日を受けたときに燃えるように照り返すので、 昔から住む現地の人々は、この岩を「コラソン・デル・インディオ」、 「インディオの心臓(ハート)」と呼びます。 この岩には、現地のインディオに伝わる伝説があります。

カラクは、ヴィニャ・マーティのプレミアムレンジの中では 比較的新しいワインで、2012年がファーストヴィンテージです。
アイコンワイン「クロ・デ・ファ」を造る際、 マーティ氏は選別した原酒をアッサンブラージュしますが、 その後数回テイスティングを行います。 この過程で、惜しくもファーストワイン「クロ・デ・ファ」のレベルに 達しないと判断された樽のものが、カラクとして販売されます。

モノ・セパージュ 最高峰ワイン。
このSERシリーズは、ヴィニャ・マーティの畑の中でも、最も素晴らしいテロワールを持つ、 アルト・マイポのDOピルケにある、「クロ・デ・ファ」から生まれます。 生産されるワインは3種類、 カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、シラー。それぞれがヴィニャ・マーティのアイコンワイン 「クロ・デ・ファ」を造る要素となります。 つまり、このSERシリーズは、ヴィニャ・マーティの枠を超えて、 チリで生産される単一品種ワインの最高峰として位置付けることができます。 名高いマイポヴァレーの中でも上位のアルト・マイポ、その中でもより優れた条件を持つ DOピルケ。チリという枠すら超え、個々のブドウ品種のもつパフォーマンスを 最大限味わうことができる珠玉のモノ・セパージュワインシリーズなのです。

唯一無二の個性を持つ 最上級キュヴェ。
ヴィニャ・マーティの畑の中でも、最も素晴らしいテロワールを持つ、アルト・マイポのDOピルケにある、「クロ・デ・ファ」から生まれます。



フランス伝統の栽培・醸造法を踏襲したワイン造り

醸造について
ヴィニャ・マーティの醸造は、基本的にボルドーのグラン・ヴァンと同様の仕込みを行います。畑や区画、テロワールが異なるブドウ同士を同じ桶に入れることはありません。区画ごとの特徴を大切に、まずベースのワインを仕込みます。 素晴らしいワインができたとしても、それを熟成させる樽が二流品では良いワインを生み出すことはできません。マーティ氏は、フランスからシルヴァイン社製のフレンチオーク樽を取り寄せ、使用しています。
map

アッサンブラージュ
ボルドー出身のマーティ氏は、ワインにとってアッサンブラージュ(ブレンド)は必須であると考えます。異なる特徴を持ったワイン同士を科学的・分析的な視点と、経験に基づいてアッサンブラージュすることで、欠点を補い、長所を伸ばします。たとえカベルネ100%のワインであったとしても、マーティ氏は、「最もシンプルなアッサンブラージュ」と言い切ります。

「パレットに赤の素材を並べたところを想像してください。赤、と一口にいっても、本当に多様な種類があるでしょう。ワインも同じです。同じ土壌は一つとしてありません。たとえカベルネ100%でも、この樽と、その隣の樽の味は異なるのです。様々な原酒を素材として、1本の作品として仕上げるのが醸造家の役割です。単一品種100%のワインが世界で流行していますが、たとえモノ・セパージュのワインであっても、そこに醸造家が関わらなければ決して優れたワインにはならないのです。」



ぶどう

ヴィニャ・マーティでは、それぞれの適地を見出した上でブドウ栽培を行います。カベルネならば水はけがよい土壌、メルロであれば冷涼な空気と粘土質土壌。 1997年からアルマヴィーヴァを手掛けるために、彼はまず徹底してチリの土壌調査を行いました。この経験があるからこそ、彼はチリのテロワールを最もよく知る人物の一人なのです。
チリの特徴に合わせた畑仕事ができるのも、マーティ氏ならではです。 ヴィニャ・マーティでは、それぞれの土地の特徴、つまりフランス語でいう「テロワール」にあわせて、ブドウ品種を栽培しています。フランスでは長い伝統の中で、自然にその土地に合うブドウが受け継がれてきました。対して、ブドウ栽培の歴史が浅いチリでは、人々は、好みだったり、商業的な意図に合わせ、思い思いにブドウ品種を選ぶ事が少なくありません。
残念ながら、土壌との相性を無視してしまうと良い結果を得ることはできない、という事は周知の事実です。つまり、チリでは、いまだその秀逸なポテンシャルを活かしきれていない部分が存在するのです。
ヴィニャ・マーティでは、チリのテロワールを深く理解するマーティ氏の知見に基づきブドウ栽培がおこなわれています。ワイン造りにおいても、各畑の個性を引き出すという点にこだわります。大きなタンクで大量生産するのではなく、畑ごと異なるタンク・樽でワインを造り、それを最終的にアッサンブラージュ(ブレンド)することで、バランスの取れた、上質なワインを造ります。


畑

マーティ氏は自らの手法を「当たり前の手法」と言いますが、現地の人々からは、いつからか「クラフトワイナリー」と尊敬を込めて呼ばれるようになりました