ブラン・ド・ブラン・ル・ムスケ レ・ゾー・ド・モンルージュ NV フランス 南西 スパークリングワイン・白 辛口 750ml

 

ワイン名(原語)ブラン・ド・ブラン ル・ムスケ
(LE MOUSQUET BLANC DE BLANCS)
生産者(原語)レ・ゾー・ド・モンルージュ (LES HAUT DE MONTROUGE)
原産国・地域フランス・南西
原産地呼称(AOC)ガスコーニュ (バ・ザルマニャック)
ヴィンテージ[NV]
ぶどう品種コロンバール、ユニ・ブラン
タイプスパークリング(白)
内容量750ml
ご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。
保存方法要冷蔵 18℃以下
商品管理番号 2101080000510
生産地 フランス 南西地方
サイズ 750ml
素材 【FR】【SW】【T-SPA】【B】【T-SEC】【T-MD】【T-ACD】
生産者 レ・ゾー・ド・モンルージュ
タイプ スパークリングワイン
内訳
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
基本送料

単品

品番
2101080000510
JAN
2101080000510
参考上代
2,590円
配送サイズ・ワイン
1本分換算(12本で送料無料)
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください
基本送料

ケース(12本)

品番
CASE2101080000510
JAN
2101080000510
参考上代
2,590円
配送サイズ・ワイン
12本分換算(12本で送料無料)
販売価格
(単価 × 入数)
注文数
ご注文には
ログインしてください

LE MOUSQUET BLANC DE BLANCS
ブラン・ド・ブラン ル・ムスケ

『アルマニャック』と『三銃士』の故郷ガスコーニュで、スパークリングワインを見つけました!

アルマニャックを産出するガスコーニュ地方といえば『三銃士』の舞台としても有名です。
レ・ゾー・ド・モンルージュではアルマニャックを製造する蒸留器に『アトス』、『ポルトス』、『アラミス』の名がつけられています。
そして、それら3つの蒸留器が素晴らしいアルマニャックを作り出すように、主人公『ダルタニアン』が注意深く見守っています。

このワインの名前に付けられている、ムスケ(英語のマスケット)もこの三銃士の話にちなんでつけられています。
ラベルに描かれているマスケット銃やユリの紋章などが奥ゆかしい印象を与えてくれています。

もちろん乾杯の言葉は
『ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン(一人は皆の為に、皆は一人の為に)』で!

みんなで楽しみたいパーティーだからこそ!このスパークリングが良い訳。


軽食からコース料理など。
さなざまなシーンで楽しむことができるのがスパークリングです。
爽快でかろやかな飲み口は、ワインがあんまり得意じゃない方も、ワインに精通した方も一緒に楽しむことができるのです。

このスパークリングワインの作られている ユニ・ブランという品種はイタリアではトレッビアーノ・トスカーノと呼ばれている品種です。
ブランデーのコニャックやアルマニャックの原料としても用いられています。

コニャックではイキイキとした酸味の爽快なワインを生み出し、アルマニャックでは厚みがあり、香り高く、なめらかな飲み口のワインを生み出すことで重宝されている品種です。
一方のコロンバールという品種は桃や柑橘系の芳醇な果実味のある香りが魅力の品種です。
そんなドライで芳醇な香りのブランデーを生み出す2つのブドウ品種から作られているのがこのスパークリングなのです!

ユニブランのイキイキとした爽快な飲み口とコロンバールの果実味ある芳醇な香りが生み出すスパークリング。
優しい飲み口なのにすっきり辛口だからこそみんなで楽しめます!!!

まさに『ワン・フォー・オール』なスパークリングなのです!

フランスの二大ブランデーの一つアルマニャック。

コニャックとアルマニャックといえばフランスを代表するブランデーです。
その中でもアルマニャックはフランス最古のブランデーとされ、古くは薬としても用いられていました。
18世紀の宮廷で愛飲され以降、一躍名声を高めました。

アルマニャックは原産地統制呼称(AOC)により厳しく規定されています。
アルマニャックを産出できる産地の中でも最も高級とされているのがバ・アルマニャックです。

そのバ・アルマニャックにあるレ・ゾー・ド・モントルージュは、地域でも最高クラスのノウハウの蓄積があり、特に熟成したものについては多くのヴィンテージ・アルマニャックを保有することでも知られています。

アルマニャックのノウハウを活かすレ・ゾー・ド・モントルージュ

バ・ザルマニャックの中でも中心地である、Nogaroノガロにあるメゾン・カステルフォールは、名産のアルマニャックを始め、この地で様々なものを作っています。
規模が大きくなったとしても変わらない手工業的な造りは、この地の伝統的な造りを守るためです。

ブドウの収穫でもアルマニャックで培われたノウハウが活かされています。
収穫時期が近付くと、毎日のようにブドウの果実をチェックして、最適な収穫時期を測ります。
豊かなアロマを出来る限り表現できるよう、収穫は深夜から開始します。
収穫されたぶどうはすぐに醸造所に持ち込まれます。
醸造の過程で工程に合わせてワインを別のタンクへ移す際は、ポンプを使わず重力移動の方法で移動させ、余計な負荷をワインにかけないようにしています。
これらの高品質なワインを作る一連の流れが認められ、2004年、レ・ゾー・ド・モンルージュは、このGers地域で初めてISO9001の認定を受けました。