ワインの卸売り・仕入専門サイト ソムリエワイン仕入.com 1本からでも購入可能。必要な分だけ注文できる会員制ワイン通販仕入サイト

ジャン・クロード・ラトー

究極の自然派ワイン
ジャン・クロード・ラトー
輸出はわずか25%!
ラトー氏のワインは、現地フランスで75%が決まった客先に送られるため、輸出は僅か25%のみ。
日本へ回ってくるものも極少量という、本当に希少な自然派ワインです。


フランス自然派ワインの先駆者
ロマンスグレーの髪、長身の寡黙な紳士で、実はものすごく愛妻家・・・

この人こそが、実はブルゴーニュで最初に自然派栽培を実践した先駆者だったのです。


始まりは1979年。
フランス自然派ワインの先駆者。

草だらけの畑、ふわりと柔らかいキノコの香りがする土。
30年以上ビオディナミ栽培を行った畑は微生物、昆虫、動植物といった生態系が完全に循環しています。

表土は雑草におおわれていても、ブドウには全く影響ありません。
ラトー氏の栽培によって、ブドウは表面ではなく、地下数メートル、時に10メートル以上にも根を伸ばすためです。

1979年、ブルゴーニュのコート・ドール地区で「ビオディナミ栽培」という自然派農法を始めました。

当時は化学肥料や農薬の効果が最善とされていた時代。
そんな中で時代に逆行し、科学的なものを一切避けて自然のままの土作りから実施する彼を、周りの人々は奇異な目で見ていました。

それが今や立場は逆転し、多くの人が自然栽培を取り入れようと奔走し、ラトー氏に教えを求め、訪ねる人も増えているそうです。

ブルゴーニュの優良生産者達の中では、今自然派栽培が当たり前になってきました。
もともと「テロワール」と呼ばれるその畑の個性を表現したワイン造りをするのが身上というブルゴーニュの生産者たち。
農薬や化学肥料に頼らず、手をかけて育てたブドウから生まれるワインが、結果として香りも味わいも素晴らしいものになるということに気付いたからです。

特に注目を集めるのは、ドメーヌ・ルロワ、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティなどブルゴーニュの大御所たちが次々と採用するバイオ・ダイナミクス(ビオディナミ)という自然農法。
しかし、この方法を今から30年以上も前、1979年から実践し、ワインを作っていた人物がジャン・クロード・ラトーです。

オーガニック、自然派、ビオディナミ、ビオロジック。
どれもワインに対して使われることがあり、意味するのは「ブドウという原材料からこだわる」ワインであるということです。

ぶどうの栽培に当たっても、農薬、化学肥料などは使用せず、酸化防止剤であるSO2も極力使用しません。

一言でいえば「畑が生きている」感じ。
いろんな生産者が様々なアプローチで栽培に試行錯誤を重ねますが、誰もが目指す目標は結局このような状態のようです。

たとえば害虫がブドウ畑に増えて被害が大きくなるのはなぜか?
それは天敵が畑にいないからです。畑に天敵がいれば、ある一つの種類が突然大きな割合を占める事はなく、少しはブドウもかじられるかもしれませんが、結局丸く収まっていきます。
農薬など科学的な薬剤を使わないのも、そもそも身体に悪いという事に加えて「畑の生態系を大切にすること」「ぶどうの樹1本1本を過保護に育てることをやめ、そもそもそんな薬を必要としないくらい強く育てること」が目標なのだそうです。
この畑から取れた健全なブドウを使い、ラトー氏は丁寧にワインを作ります。

酸化防止剤を使用せず醸造しますので、まず醸造所は徹底的に清潔にします。
雑菌が生まれる隙を作りません。

さらに、畑で選り分けたブドウを醸造所でもう一度選定を行うことで綺麗なぶどうだけを選びます。

丁寧により分けたブドウは、畑の野生酵母の力を借りてワインに変わります。
ブルゴーニュで昔から伝わる方法で、ワインは赤も白も、澱と一緒に樽で熟成させます。

瓶詰の際は、状況によって無濾過、または軽く濾過して瓶詰します。

並び替え
表示切替
1 - 11件目 (全11件中) 
1 - 11件目 (全11件中)
ログインはこちら

価格帯から探す