ワインの卸売り・仕入専門サイト ソムリエワイン仕入.com 1本からでも購入可能。必要な分だけ注文できる会員制ワイン通販仕入サイト

ドメーヌ・ジャン・ラフェ

Domaine Jean Raphet
ドメーヌ・ジャン・ラフェ


2002年からドメーヌは息子が受継ぎ、自分が作ったワインと共に静かに暮らすジャン・ラフェ氏。

今後造られことのないジャン・ラフェ氏のワインは2001年が最後のヴィンテージとなり、年々ストックも減っていく希少なワインになってる今、

なんと、


「日本の私のワインを気に入ってくれている人たちへ、どうぞ飲んでください」

と、そのラストヴィンテージの2001年産と彼がお気に入りという2000年も含めて譲って頂きました!

造り手自らセラーでずっと管理、 しかもラベルは出荷前に手張りしてくれたそうで…ブルゴーニュの巨匠なのに、すごく優しくて温かいおじいちゃん。
バックヴィンテージは、海外でいくつもの所有者の手を渡り歩いて、価格が上がった揚句状態も心配…ということがあります。
でも、今回のジャン・ラフェは蔵出し&冬にリーファー輸送した、完ペキなコンディション!
このコンディションを味わって頂くため、入港後落ち着くまで定温倉庫で保管し、ようやく販売できるようになった
特上のバックヴィンテージです!!
モレサンドニの巨匠とも呼ばれるトップドメーヌであり、極め付きの畑をいくつか所有。

絶好の立地に所有する畑は実に素晴らしく、葡萄造りから確かなこだわりを持ち続けていて、
伝統的ブルゴーニュのピノ・ノワールを楽しめる数少ない造り手です。
精力の塊であるジャン・ラフェは働きづめである。
品質にこだわり、濾過器を一度も使ったことがない、稀なブルゴーニュ人の一人である。
最近濾過器をやめた、と(誇らしげに)私に語る多くのブルゴーニュの生産者とは対照的である。
(講談社:ワインバイヤーズガイド ロバート・パーカー)
ロバート・パーカー氏も★★★★4つ星という高評価!98点をつけたブルゴーニュのトップ生産者!
さらに、ジャン・ラフェの造る“シャルム・シャンベルタン”と“クロ・ド・ベーズ”を「最も偉大なブルゴーニュの赤ワイン」に選んでいます。
「希少性高!ボトルはほとんど出回っていませんでした!」
ほとんどの樽を、ルロワ、ドミニク・ローラン、ジョセフ・ドルーアン等の著名ネゴシアンに販売しているため、 ドメーヌ元詰は極僅かで、なかなか市場に出回らない希少品です!
しかも、2001年のヴィンテージを最後に引退して息子のジェラール・ラフェに譲っているので、今では滅多にお目にかかれないお宝ワインです。
モレ・サン・ドニのロータリーに面したドメーヌ・ジャン・ラフェを訪れると、「あなたがアポを取ったのはここではありません」と、ラフェ夫人が言う。
ドメーヌ・ジャン・ラフェ自体はまだ存続しているそうだが、バック・ヴィンテージのワインを売っているにすぎない。ラフェの畑は、ジャンの子息であるジェラールが引き継ぎ、彼は2002年にドメーヌ・ジェラール・ラフェを立ち上げていた。

ブルゴーニュでは、アルマン・ルソーのように父祖の名前をそのままドメーヌ名に残して引き継いでいく場合もあれば、このように世代交代すれば名前も変わる場合もある。 ややこしい話であり、ブルゴーニュがむずかしいと言われる理由のひとつだ。

ジェラール・ラフェは12ヘクタールもの畑を所有する大きなドメーヌだが、セラーはそれほど大きくない。
「徐々に減ってきているとはいえ、生産量の半分をネゴシアンに売る」からだ。
ワインの形で売ることもあれば、ブドウで売ることもあるそうだ。
ジェラールは非常に無口だが、自分の仕事には自信があるらしく、「25年間父親と一緒に仕事をしてきたから、ドメーヌの歴史は新しいが、私自身は初心者ではありませんよ」と言う。

「最近では新しい世代の人たちが、畑の仕事を重視する、としきりに主張していますが、我々はずっと前から畑仕事を丁寧に行ってきましたから、今になって言うことはありません。
私と父は相談しながらワインを造ってきたので、私が独立しても、父の時代から何も変えてません。
唯一の変更点は、クロ・ド・ヴージョの80歳の古木から、クロ・ド・ヴージョ・ヴィエイユ・ヴィーニュというキュヴェを3樽分造りはじめたことです」

これは、さすがに古木だけあって、濃厚な味わいのワインだ。
ジェラール・ラフェを代表する作品といえるだろう。

クロ・ド・ベーズも、樹齢70年~90年という古木からできている。
06年をテイスティングすると、香りも味わいも固くて冷たい。
それでいて緊張感に欠ける。
もちろんクロ・ド・ベーズは若いうちは閉じているものだが、それでもジャン・ラフェの時代のほうが、抑揚があって楽しかったような気がする。
つくづくブルゴーニュはむずかしいものだと思う。
ワイナート43号p45より

ジャン・ラフェのワインは常に艶やかな果実味が溢れ、自然な美味しさに満ちています。

アペラシオンのテロワールを見事に表現した、繊細かつエレガントなワインです。
コルクは、DRCと同じメーカーのコルクを使っており、エチケットは全てベルギーの画家のデザインです。

並び替え
表示切替
ログインはこちら

価格帯から探す