ワインの卸売り・仕入専門サイト ソムリエワイン仕入.com 1本からでも購入可能。必要な分だけ注文できる会員制ワイン通販仕入サイト

ドメーヌ・ドミニク・ガロワ

ドメーヌ・ドミニク・ガロワは、1989年、ドミニク・ガロワ氏が受け継いでから瓶詰、販売を行うようになったドメーヌです。

ジュヴレ・シャンベルタン村の栽培家組合長として働いた経歴もある、職人気質の生産者ですが、彼を紹介する上で必ず語られるのはその経歴。

世界に名高い名シェフ、故ベルナール・ロワゾー氏のもとで料理人として働いた経験があり、ドメーヌを継ぐまでは自身でレストランも経営していました。

そんな彼の造るワインだからこそ、
料理と素晴らしくマリアージュ!!!

世界中のプロフェッショナル達がその素晴らしさを認め、比較的若いドメーヌながら、すでに多くのミシュラン星付きレストラン、ホテルで採用されるという実績をもちます。

星付きレストラン「ロワジス」、カンヌの最高級ホテル「マジェスティック」「リッツ・カールトン」など、 多くのセレブレティが集う場でオンリストされています!



こだわり その1

小さな子が食べても平気な、健全なブドウ。
除草剤や殺虫剤など、化学物質は一切使っていません。

全てのブドウ畑でリュット・レゾネ(極力自然な栽培)を実践します。
しかし実施にはオーガニック栽培と言っても構わないほどに、徹底して除草剤、殺虫剤など、化学物質は使用しません。

ビオロジックの認証をとらない理由
もしブドウの樹に病気が出たら、
もし突然害虫が大量発生したら…

わずか3.5haしか畑を持たない、家族経営の生産者にとって、オーガニックのライセンスはリスクが高すぎます。

つまり、彼は火急の時の保険として、リュット・リゾネという呼称に留まっているのです。


こだわり その2

ブドウの質を大切に!
収穫は徹底して選果にこだわります。

上質なブドウ、健全で完熟したブドウのみを収穫すること。
ここに彼のこだわりが最も発揮されます。

収穫の際は、手伝ってくれる研修生、知人たちにどんなブドウが良いか、悪いブドウはどれか、
丁寧に手本を示しながら説明します。

小さなバケツを持って、一人一列、または二人で一列、責任を持って担当します。

さらに、ガロワ氏は、持ち帰ったブドウを再度選別します。
房の段階では分からなかった微妙な差を見極め、彼は上質なブドウだけをワインにします。


こだわり その3

醸造はワインに合わせてこまめに世話すること。
野生の酵母とブドウの力に任せます。

畑に住む野生の酵母。彼の畑では化学物質を用いないため、ワインを造るときはすべてこの天然酵母の力を借ります。

年によって、ブドウの質によって変わりますが、12~15日間発行を行います。

基本はブドウたちのサポート役。
再校のブドウを選んだ彼は、あとは基本的に見守ることに徹します。

もちろん、状態をチェックすることは欠かしません。
必要ならばいかなる処置も取れる、そんな経験と知識を彼は持っています。


並び替え
表示切替
1 - 14件目 (全14件中) 
1 - 14件目 (全14件中)
ログインはこちら

価格帯から探す