ワインの卸売り・仕入専門サイト ソムリエワイン仕入.com 1本からでも購入可能。必要な分だけ注文できる会員制ワイン通販仕入サイト

自然派ワイン

自然派ワイン


ワインショップソムリエでは、単に「自然派ワインだから」という理由でワインを選んでいるわけではありません。
しかし、直輸入のものを改めてみると、自然なワイン造りを行っている生産者が多いことに気づきます。

テイスティングでまず飲んで美味しく、コストパフォーマンスが良かった。
その理由を取材すると、実は自然な栽培・醸造というポリシーを持ってワイン造りを行っていた というパターンが多く、たまたま自然派ワインの割合が増えている というのが実情です。

自然派ワインって?

自然派ワイン、という言葉は多くのワインショップ・レストラン、雑誌などでよく聞かれるようになってきました。 その定義はとても広く、厳密に「自然派ワイン」を規定する法律、ルールといったものはありません。 国や地域ごとに認証機関もありますが、それぞれ団体が出す基準も様々で、認証による「自然派」も様々。 しかし、基本的にはワインも農産物、野菜や果物などで「造り手の顔が見える作物」が良いように、造り手がどのような思いでワインを作っているか、という姿勢が最も大切だと思いませんか?

自然派ワインの味わいの特徴

以前は、独特の硫黄のような還元香(温泉卵のような香りです)など強い香りを持つものが多く敬遠する人もいました。しかし、醸造技術の発達や、生産者たちの努力でそのスタイルは徐々に変わってきています。
中には還元香がほのかに漂うものもあれば、最初からクリーンで上品、華やかなブーケを放つものもあります。
あまりにきれいな作りで自然派ワインとか考える暇も与えない素晴らしいワイン(たとえばD.R.C.ロマネ・コンティもそんなワインの一つですね)も存在します。

自然派ワインと通常のワインの間に、際立った味わいの違いはありませんが、自然派ワインの方が、綺麗でピュアなブドウ本来の香りや、その土地でなければ出せない香り、味わいがより深く表現されています。

たとえば、タイムやローズマリーが周囲に生い茂る畑で育ったブドウには、そのような香りが乗り移ったように、ハーブの香りも内包したワインに仕上がったりします。

こだわりの自然派ワイン造り

ビオロジック
除草剤や殺虫剤などの化学薬品、化学肥料は一切使わず、 畑仕事を重視します。
自身の畑を含めた周囲の環境や、孫の代まで見据えた、 広い視野で取り組む生産者も少なくありません。
ビオディナミ
オーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナーの思想と、 古代から伝わる農法をまとめ、体系化した方法。
化学薬品や化学肥料は不使用、月の満ち欠けや天体運行に合わせ て醸造を行ったり、多くのハーブを用いたり…と、 独特のスタイルを持ちます。

\\ ソムリエ一押し、コスパ抜群のワイン生産者! //

タイプで探す
産地で探す
認証で探す
・テラ・ヴィティス: 水質や大気も含む周囲の環境までチェックする厳しい認証。
・デメテル: ビオディナミ農法を7年以上続けた生産者が検査を受け、認証取得できます。
・エコセール: 世界最大級のオーガニック製品認証団体。土壌検査や集荷・保管場所までチェック対象です。
・AB: 「Agriculture Biologique」の略で、フランス政府の厳しい基準を満たす食品が認可されます。
・ISO14001: ISO(国際標準化機構)の認証。畑だけでなく、周囲一帯の環境持続性まで対象となります。
特徴で探す
枠に収まりきらない、独特の魅力を持つ自然派生産者の特徴をまとめました。
並び替え
表示切替
1 - 1件目 (全1件中) 
1 - 1件目 (全1件中)
ログインはこちら

価格帯から探す